歴史

人類の歴史・旧石器時代・縄文時代・弥生時代・古墳時代

猿人(700万年前~600万年前):サヘラントロプス・チャデンシス

原人(200万年前)→火や言葉を使用。また、打製石器を使用。

新人(20万年前)‥ラスコー・アルタミラの洞窟壁画(←クロマニョン人)

氷河時代(250万年前)

‥陸地の約3分の1が氷に覆われる氷期と比較的温暖な間氷期を繰り返す。

旧石器時代(250万年前~1万年前)

‥打製石器を用い、狩猟・採集を行う。

岩宿遺跡(群馬県)→旧石器時代の遺跡。岩宿遺跡の発見により日本の旧石器時代の存在が明らかになった。

新石器時代

‥磨製石器を用いた。農耕・牧畜を行い計画的な生産が可能になり食料の貯蔵が始まる。その食料をめぐり争いがおこる。 戦争や祭り、農作業や工事などの指導者が次第に支配者(王や神官、貴族)になっていき、農民や奴隷などを支配した。

縄文時代(1万年前~紀元前4世紀)

・縄文土器‥厚手で低温で焼かれたため黒褐色で表面に縄目のような文様がつけられた。

・土偶

・貝塚

‥約1万年前に最後の氷河期が終わり、海面が上昇して現在の日本列島が出来上がった。縄文時代の代表的な遺跡は青森県の三内丸山遺跡。

弥生時代(紀元前4世紀~3世紀)

・弥生土器‥高温で焼かれたため赤褐色で薄手でかたい。

・稲作

・金属器(鉄器・青銅器)

説明)

弥生時代の遺跡には荒神谷遺跡や、吉野ヶ里遺跡(佐賀県)、登呂遺跡(静岡県)などがある。
紀元前4世紀頃、中国や朝鮮半島から稲作が伝来し、稲作は西日本から東日本へと広まった。

「漢書」地理志‥紀元前1世紀頃の倭には30余りの国があり、楽浪郡を通じて漢に使いを送る国もあった

後漢書東夷伝‥1世紀半ば、倭の国の王が後漢に使いを送り皇帝から金印を授けられた。江戸時代に志賀島で「漢委奴国王」と刻まれた金印が発見された。

魏志倭人伝‥邪馬台国の女王卑弥呼がまじないにやって国を治め、30余りの国を従えた。また、卑弥呼が魏に使いを送り、皇帝から親魏倭王の称号と金印、銅鏡100枚を受けた。

 古墳…表面に石が敷き詰められ様々な形の埴輪が置かれた。円墳(丸いもの)、方墳(四角いもの)