アクアリウム

初心者必見アクアリウム用品のそろえ方

「熱帯魚を買ってみたいけど一体何を買えばいいの?費用はどのくらいかかるの?」と言った疑問にここでは答えていけたらと思います。

最低限必要なもの(設備偏)

・水槽

・ヒーター

・ソイル

・フィルター

・餌

まずは土台となる水槽の選び方から

水槽にはざっくり分けて30センチ・45センチ・60センチ・90センチ・120センチ水槽があります。

1.30センチ水槽

この水槽は小さいころ金魚やメダカを買うのに使っていたという人が多いのではないでしょうか。

30センチ水槽はホームセンターなどでえさやポンプなどが付属された初心者のスターターキットとして販売されているのでなじみが深いものだと思います。

部屋の片隅やちょっとしたスペースでアクアリウムを楽しみたいという方にとっては費用もあまりかからないので気軽に取り組めると思います。

2.45・60センチ水槽

45センチ水槽というのは初心者が新規で水槽を買おうとするときに、60センチ水槽とどっちを買おうかとぼく自身もそうだったのですが、悩まされることだと思います。

結論から言うと、ぼくは絶対に60センチ水槽をおすすめします。

水槽を置くスペースがあるならば60センチ水槽にした方が損はないと思います。初心者にありがちなのがびびって45センチ水槽にしたために思うように飼育数を増やせなかったりちょっと大きな魚と小さめの魚を混泳させたいと思っても物理的に小さな魚の逃げ場が少なくなってしまうなど後々困ることがあります。

ぼくは結局60センチ水槽を買ったのですがこっちにして正解だったと思っています。

3.90センチ水槽

ここからは急に値段が跳ね上がるので買うには敷居が高いんですよね。

でも、一般的な熱帯魚を飼うにあたって水槽内のスペースで困ることはまずないと言えるサイズです。

一種の生態系が伺えるようになり多種多様な飼い方ができ初心者から中級者へのステップアップとしても人気のある大きさになります。

4.120センチ水槽

これは一応水槽のサイズの紹介として記載しましたが中級者~上級者向けのものとなっており主に大型魚を飼育する際に用いられるかと、、費用は数万円とかなり高価なものになるので何十年とやってベテランになったらやって考えてみるものになりますかね(笑)

ヒーターは寒い時期に欠かせない

熱帯魚とはそもそも暖かい地域に生息する魚であるため1年を通して一定の温度に保つ必要があります。

ヒーターの選び方は水槽の大きさや温度設定の仕方によって変わってきます。下の記事でヒーターについてもっと詳しく説明しています。

水草とソイルはセットで

多くの人が熱帯魚とともに水草も入れて買うことを考えるんじゃないかなと思うんですがその際に忘れてはならないのがソイルというものです。

これは何なのかというと水草を育てるための土です。

土がないと水草はうまく定着しなかったり生長が悪くなります。さらにソイルは熱帯魚にとっても良い効果があるので熱帯魚飼育にソイルはマストだと考えてもいいと思います。

すみませんm(__)m 

ですが、、、

小さな水槽で色付きの砂利を入れて熱帯魚を育てるとインテリアとしておしゃれに見えたりもするのでその場合には水草を入れなければ問題はないと言えます。

個人的に愛用しているソイルを参考までに載せておきます。

フィルター

フィルター選びってアクアリウム用品を選ぶにおいて初心者が一番適当に何となく買ってしまうものだと思います。

それってやっぱりフィルターの仕組みをそもそも理解するのが難しいということとフィルターの種類が多いことにあるのではないかと思います。

下の記事でフィルターのメカニズムから用途まで詳しく説明しています。

熱帯魚の餌には

・ペレットタイプ

・フレークタイプ

・粒タイプ

・生餌

ざっくりこんな感じの種類があり、スタンダードなのがフレークタイプと言ってかつおぶしみたいなやつです(笑)

新たに水槽を立ち上げたばかりの時にコリドラスやプレコなどを導入するならば、彼らにとって初めのうちは何も餌がない状態になるのでペレットタイプの餌が必要になります。

まとめ

揃えるものは水槽、ヒーター、ソイル、フィルター、餌でした。