アクアリウム

水槽の種類と規格 初心者にも分かりやすく説明します。

「さあ水槽を買おう」と思うといろんな規格があって選ぶのが難しいですよね。

今回は皆さんが水槽の世界の大枠をつかめるように噛み砕いて説明するので、

この記事を最後まで読んで頂ければ、水槽を選ぶうえでの最低限の知識を得ることができると思います。

水槽の種類

・規格水槽

・キューブ水槽

・ワイド水槽

・ハイタイプ水槽

・オーバーフロー水槽

・フラット水槽

・オーダー水槽

規格水槽

→これは一番オーソドックスで主流な水槽となっています。

規格   ( 横幅  ✖ 奥行  ✖ 高さ )   水量

・30㎝    30㎝ ✖ 18㎝ ✖ 24㎝    12ℓ

・45㎝    45㎝ ✖ 24㎝ ✖ 30㎝    32ℓ

・60㎝    60㎝ ✖ 30㎝ ✖ 36㎝    64ℓ

・90㎝    90㎝ ✖ 45㎝ ✖ 45㎝    182ℓ

・120㎝  120㎝ ✖ 45㎝ ✖ 45㎝    243ℓ

一般的にいう規格水槽とはこの表のような数値となっていて、この数値はどうやら水槽を美しく見せるための黄金比となっているらしいです。

アクアリウムの世界にまだあまり詳しくないのでしたらこの規格水槽の購入をおすすめします。

理由は、規格水槽というものが先ほども言いましたが最も市場に流通しているので、企業はこの水槽に合わせてその他もろもろのアクアリウム用品を設計します。

つまり、この水槽はその他のアクアリウム用品と非常に相性がよく、今後の用品購入が楽になります。

キューブ水槽

この水槽はその名の通りキューブ型(立方体型)です。

デザイン性が高く、レイアウトしやすいといったメリットがあるのが特徴です。

ワイド水槽

サイズ  ( 横幅  ✖ 奥行  ✖ 高さ )   水量

・30㎝    30㎝ ✖ 24㎝ ✖ 24㎝    17ℓ

・45㎝    45㎝ ✖ 30㎝ ✖ 30㎝    40ℓ

・60㎝    60㎝ ✖ 45㎝ ✖ 45㎝    121ℓ

この数値を見ていただきたいのですが、最大の特徴は奥行=高さとなっているということです。

ハイタイプ水槽

この水槽の特徴はフォルムが縦長であるという点です。インテリア性が高く、スペースの節約にもなるような水槽で個人的に海水魚飼育に相性がいいものだと思っております。

オーバーフロー水槽

この水槽は海水魚やサンゴ飼育をする際に用いる水槽で構造が割かし特殊なのでほかの種類の水槽と比較すると著しく高価なものとなっています。

フラット水槽

この水槽は高いインテリア性を兼ね備えており※アクアテラリウムに用いられます

※水槽内で陸地部分と水中部分を演出する手法です

オーダー水槽

この水槽のメリットは自分の都合に合わせて1㎝単位でのサイズ設定が可能だという点です。もちろん値段は高くなってしまいますがオーダーものに憧れる人もいるのではないでしょうか。

各種水槽の要点

・規格水槽‥最もスタンダードな水槽
・キューブ水槽‥立方体型の水槽
・ワイド水槽‥奥行と高さが同じ水槽
・ハイタイプ水槽‥縦長水槽
・オーバーフロー水槽‥海水魚&サンゴ用の特殊な水槽
・フラット水槽‥アクアテラリウム向けの水槽
・オーダー水槽‥憧れの水槽

 

水槽に使われる材料の違い

・ガラス

・アクリル

この2種類です。

ガラス→60㎝以下

アクリル→120㎝以上

注意)90㎝水槽はガラスのものとアクリルの両方があります。

それぞれの地域メリットとデメリットを挙げていきます。

ガラス

メリット

・安価

・傷がつきにくい

・劣化しにくい

デメリット

・重い

・割れやすい

・透明度が低い

・加工しにくい

アクリル

メリット

・軽い

・割れにくい

・透過性が高い

・加工しやすい

デメリット

・高価

・傷がつきやすい

・劣化しやすい

参考までにですが、ガラス水槽にはノーマルガラスとクリアーガラスがありスーパークリアガラスの方が光の透過性が高く透き通って見えます。ノーマルガラスはカット面が緑色に見えるフロートガラスです。

形状・構造

・フレームあり

・フレームなし

・曲げガラス

この3種類です。

フレームあり

メリット

・ガラス面が薄い(接合部がフレームにより増強されるため)

・上部フィルターの設置可能

・底面のフレームが底面を保護

デメリット

・見た目✕

フレームなし

メリット

・見た目〇

デメリット

・ガラス面が厚い(水圧耐性をつけるため)

・重い

・底面が弱い

曲げガラス

メリット

・見た目〇

デメリット

・高価(高度な技術を要するため)

参考までに、フレームなしの水槽はフタ受けという道具を使えば上部にライトなどを設置することができます。

GEXやニッソーなどのメーカーの水槽はフレームがありがちです。

その他特殊デザイン

ここでは、ユニークで細かいこだわりの話になります

・クロスカット→斜め45度の特殊かっと技術で、水槽側面の4つ角に細工が施されています。

・ブラックシリコン→1枚1枚のガラスを接着する際に通常の白っぽいシリコンではなく、黒いシリコンを使うことによって水槽全体に引き締まりが生まれます。

・バックプリント→水槽の奥のガラス面のみが塗装されており自分でバックスクリーンを張る手間がないものです。また、自分でバックスクリーンを張るよりもキレイです

・3面プリント→水槽の3側面に塗装が施されており部屋の中が映り込まず、自然界の水中に近づけた演出することができます。

最後に

このように水槽というのは非常にバラエティーに富んでおり、アクアリウムにおける外観も多様化させ視覚的に様々な効果を及ぼします。

水槽を選ぶというのは一番最初のステップでありますが、この記事を参考に最善の一歩を踏み出してみてくださいね。