アクアリウム

初心者でも簡単に飼えるおすすめの熱帯魚5選

皆さんは熱帯魚に興味がありますか?また、飼ってみたいと思いますか?

もし少しでもその気があるのなら1度飼ってみてはいかがでしょうか。

実は熱帯魚飼育というのは道具さえそろえてしまえば知識がなくとも簡単に飼うことができます。

また、ここでは初心者が手を出しやすいと思われる種類7選についてお伝えしていきたいと思います。

1.ネオンテトラ                             

まずご紹介するのは、アクアリウムの世界でメジャー中のメジャーであるネオンテトラです。

初心者にどの種類の魚を買えばいいかと聞かれたら迷わずにコレと思わずおすすめしたくなってしまうような王道です。

ネオンテトラは鮮やかで映えますし安いんですよね。

さらに、環境面での耐性の高さも人気の1つであると言えます。

個人的なおすすめ飼育数は10匹です。

ネオンテトラはたいてい群れを成して固まっているので10匹ぐらいがちょうどきれいに見えるのかなと思います。少ないとなんか見栄えが微妙な感じがしました。

なので、10匹を目安に購入したほうがいいのではないでしょうか。

2.カージナルテトラ

このカージナルテトラという種類の魚は見たところ1であげたネオンテトラとの違いが分からないかと思いますが、簡単に言ってしまえばおなかに入っている赤いラインに違いがあります。

選ぶ際にはこの2種類の水槽を見くらべてみて自分が好きだと思った方を選ぶのが一番いいと思います。

ただ、カージナルテトラの方が値段が数十円高いのでそこは注意が必要です。

値段が高いからと言って別にカージナルテトラの方が優れた品種というわけでもないです。

3.コリドラス

このコリドラスという種類の魚は水槽の底に沈んだえさの残りかすや水槽のガラスに付いたコケを食べてくれるのでアクアリウムの世界では水槽のお掃除屋さんと親しまれています。

一口にコリドラスと言っても種類は多いのでここではよくペットショップにも見受けられるようなパンダ・ジェリー・ステルバイという種類の中でもパンダという種類をおすすめします。

なぜかというと、あくまでも個人的な感想なのですがパンダという名前がついているとおり1番愛嬌があるのかな~と、

パンダ・ジェリー・ステルバイどれもフォルムは同じなんですけど、ジュリーやステルバイは落ち着いた色合いでちょっと暗い感じが、、

それに比べてパンダは模様もかわいいし明るい色で飼うのも楽しいと思います。

4.プラティ

私がここでプラティをおすすめする理由は水槽の中が華やかになるからです。

赤、黄色、オレンジの個体がいます。

私も最初のころはそうだったのですが、初めから落ち着いた感じのインテリアとしての水槽を目指すと暗い体色の魚が中心になりがちになるのでその状況に引っかかるならば、インパクトとして新たにるのもありです。

また。尾びれに隠れミッキーの模様があるミッキーマウスプラティという種類もいるので実際に店頭で探してみてください。

5.グッピー

ネオンテトラよりも一般的には知名度があるグッピー

あなたも1度は聞いたことがあるのでは?

鮮やかな体表、ひらひらとなびく尾びれが見るものを魅了します。

そんな有名すぎるグッピーですが個体の模様や尾びれの形によってグッピーがさらに分類されたりと実はものすごく奥深い品種でもあるようです。

ネット通販などでは色や模様が統一的でシンプルな国産の個体が販売されていて外国産の個体より高級感があるように思われます。もちろん初心者の方におすすめなのは外国産の安価な方なのであくまでも参考程度に

グッピーは後々個体の繁殖をしてみたいといったときに難易度が低い種類でもあるのでこれも参考程度に

グッピーに関してはネット通販よりも町のペットショップに行って実際に見て自分の好きな柄の個体を選んでもらいたいです。