アイドル

今注目のSTU48について説明します

まずは、STU48の説明をしていこうと思います。

STU48はAKB48グループ(SKE48やHKT48など)の1つで2018年1月31日に1stシングル「暗闇」でメジャーデビューし48グループの中で一番新しいグループとなりました。

STU48のコンセプトは瀬戸内海に面する瀬戸内7県(兵庫、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島)を拠点に地域に密着した活動形態を取っており、複数の県にまたがって活動するのは48グループ初の事例となります。

今年の4月16日にはSTU48号が出航し、船上劇場という新たな試みに打ち出しました。

今のところCDは2ndシングル「風を待つ」まで発売されています。

 

このようにデビューしたての出来立てほやほやのグループですが、なかなかいいものを持っているグループのように感じられるので、なぜそう思うか私なりの考えを書いていこうかと思います。

数年に渡り秋元系列のグループにハマっている私でありますがSTU48は乃木坂と48グループを足して2で割ったような印象を受けました。

STU48は清楚系でやっていてまだ水着も解禁されていないですし、メイクや髪色など規定が厳しく乃木坂に似ていますが、劇場公演やロケなどを見ていると48グループのアクティブさがうかがえるような2色の色を持つそんなグループであると思います。

地方密着型なので頻繁に地方ロケを行い瀬戸内の良さを広めようと地域貢献活動をする姿は誠実さと同時にどこか親近感を覚えるような感じがします。また、独自の活動として課外活動というものがあります。これは通常の活動とは別にグループ内で5つのユニット(せとまいく・Charming Trip・STUDIO・勝手に!四国観光大使・瀬戸7)に分かれてそれぞれコンセプトを持って地域活性化に尽力しています。

 

グループ全体の概要としてはざっとこんな感じです。

メンバーに関する記事も追々書いていこうと思います。